エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

ビットコインの生みの親、サトシ・ナカモトとは?

ビットコインの生みの親、サトシ・ナカモトとは?

こんにちわ、ヒコエモン( hikoemon_crypto)です。
最近田舎に引っ越したいなぁ、なんて思っています。
都内に住んでいると季節の移り変わりを感じることってあんまりないんですよね。
もう都会に住む必要性もあまり感じなくなってきたし…

さて、本日はビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトについてお話します。
このビットコインがどのような思想から生まれたのか?
軽くですが触れてみて、これを読んでくれた人がさらに仮想通貨のことを好きになってくれたらなぁと思います。

 

サトシ・ナカモトについて


ビットコインについて少しでも調べたことがある方なら「サトシ・ナカモト」という名前は聞いたことがあるかもしれません。
サトシ・ナカモトはビットコインの創始者であり、ビットコインの基盤となる技術「ブロックチェーン」を開発した人物です。
ビットコイン、そしてブロックチェーン技術は今世紀最大の発明とも言われるほど世界中でも注目を集めており、今後さまざま領域で展開されると予想されています。

しかし一点だけ不可解なことがあります。
それは開発者であるサトシ・ナカモトの正体を誰も知らないんです。
これだけ多大な功績を残しているのに、顔も年齢も性別も国籍も不明なのです。そう、「サトシ・ナカモト」とありますが、実はこれはビットコインの論文に記載されていた名前なだけで、これが本当の名前なのか、本当に日本人なのかも誰も知らないんです。

なんだかドラマみたいな話ですよね。

 

サトシ・ナカモトの足跡

2008年にサトシ・ナカモトは暗号理論に関するメーリングリストにビットコインの構想について論文を発表しました。

サトシ・ナカモトの論文(PDF):
「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:P2P 電子通貨システム)」

当時から「デジタル通貨」は可能性を期待されており、あらゆる学者が何度も試みていましたが失敗に終わっていました。このような流れもあり、サトシ・ナカモトの論文についてもほとんどのメンバーが懐疑的な反応でした。
そんな中で暗号技術者のハル・フィニーがビットコインの論文に可能性を見出し、それ以降はサトシ・ナカモトと共にビットコインの開発の協力をしていったそうです。
その後は開発者が集まりだしビットコインの開発に貢献していきました。

しかしプロジェクトが大きくになるにつれ、サトシ・ナカモトは次第にプロジェクトを他のメンバーに託すようになり、やがてプロジェクトから離れて行きました。
2011年の5月にはプロジェクト参加者に「もう別のこと始めたから、悪いけど今後いつ戻るかわからない」と書き送り、それ以降ネット上から姿を消しました。

 ハル・フィニー

ビットコインの最初のユーザー(サトシ・ナカモトを除く)として知られ、初期のビットコインの伝道者とも呼ばれています。
2014年8月28日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)罹病により死去。
現在はALSの治療法が確立される未来まで、アルコー延命財団のチームによって冷凍保存されている。

 

サトシ・ナカモトのビジョン

サトシ・ナカモトは政府や第三者機関の介入や監督を一切受けずに、暗号技術を活用したお金の取引や、自分の資産管理を出来るようにするため、ブロックチェーンという分散型の台帳を開発しました。

そしてサトシ・ナカモトは、作成したプログラムコードを誰でもアクセス出来るようにオープンにしました。
オープンにしたことによって、複数の開発者たちが自由に意見を出し合い、プログラムを改良していったと言われています。

サトシ・ナカモトとは誰とも会ったことがなく、当時もメールのみで開発者たちとやりとりをしていました。
本来であればこのような素晴らしい技術を発明した人物として、名乗り出ればすぐに名声を手にすることができるはずです。

ビットコインは、「政府や銀行の手の届かない新たなデジタル通貨を創る」というビジョンから生まれたそうです。

サトシ・ナカモトには何か強い信念があってビットコインを生み出したと想像ができます。
実際に、いまだに身元を明らかにしないのは、ビットコインは個人的な名声を求める人間によって作り出されたわけではないことを意味しています。

現在のビットコインは、サトシ・ナカモトの描いたビジョンとは程遠いと言われています(ここには政治的な絡みがあったりと複雑ですので割愛します)。
しかしまだビットコインは進化している最中です。
今後まだどうなるのか分かりませんが、いつかサトシ・ナカモトの描いている未来が来るといいなぁと願っています。

ヒコエモン

サトシ・ナカモトについて簡単にですがまとめてみました。
実際はビットコインの歴史はもっと深くたくさんの人間が関わっており、知れば知るほど胸が熱くなる物語があります。

 

#ビットコイン #初心者向け

 

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.