エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

今週のビットコイン相場

今週のビットコイン相場

こんにちわ、ヒコエモン( hikoemon_crypto)です。
「今週のビットコイン相場」というコーナーを設けてみました。
おそらく不定期になるかと思いますが、テクニカル分析を用いてできるだけ正確に分析できればと思います。
また初心者の方にも分かりやすく解説していこうと思います。

相場の予想もしていますが、あくまで参考でお願いしますね。
投資は自己責任でお願いしますよ!

 

ビットコインの過去チャート分析と予想

 

暴落後から今日までのチャート分析

こちらは今日までのビットコインの日足の図です。
下の紫色の部分はオシレータのRSIになります。

※図はクリックすると拡大します。
※チャートはZaif取引所のを使用しています。

いやぁすごい下げでしたね。
今回の暴落は一ヶ月以上に渡り下げ続けました。
しかしその後は徐々に回復を見せていってます。

どこのタイミングでどのような理由から上昇したのでしょうか?
テクニカル分析的には大きく分けて3つの要因がありましたので解説していきますね。

1. 強いサポートラインの存在

言うまでもありませんが、まずは強いサポートライン(上図赤のライン)の存在がありました。
過去にも同じ場所で反発しており、皆さんが意識しているところでもあります。

 サポートラインとは

売買の攻防が続いた一定の箇所を水平ラインで結んだラインのことです。
トレーダーの多くはこれ以上は下落することがないだろうと意識しているラインです。

 

2. 十字線の出現

トレンドの転換起点となったのは2月6日(上図1番のローソク足)でした。
強いサポートライン(赤いライン)のところで、ローソク足がクロスしたような形になっています。
これは「十字線」といって相場の転換期を探る指標であり、とくにこのような強いサポートラインで現れると強力な転換点となり上昇する確率が高くなります。

 

3. ダイバージェンスの出現

そして最後3つ目の大きなサイン。
それはRSIダイバージェンスが起きていました。
上図には2本の緑のラインが引いてありますが、一つずつ見ていきましょう。

2番のライン。
ローソク足の安値に合わせてラインを引いていますが、下がっているのが分かります。
3番のライン。
こちらはRSIの安値に合わせてラインを引いていますが、上がっているのが分かります。

この2つのラインを比べると分かりますが、上下逆の方向へ向かっていることが分かります。
このような状態をダイバージェンスといい、これもトレンドの転換などで出現することがあります。

 RSIとは

RSIは相場のエンジンの回転力を表したものと思っていただければ良いです。
エンジンの回転力が増していれば相場は上昇する傾向があり、エンジンの回転力が下がれば相場は下降する傾向がある、そんなイメージです。

今回のダイバージェンスは、相場は下がっているけれどエンジンの回転力は上がっているので、強い上昇が期待できたというわけです。
もちろん必ずその通り行くわけではありません。

 

今週のビットコインの相場予想

さて次は今週の相場の予想をしてみます。
新しくラインを引き直してみました。

下降トレンドのローソク足の最高値を青のライン(1番)で結びました。
こうしてみると青のラインにタッチ(赤色の2番・3番・4番)すると押し下げられているのが分かります。

そして上昇中のビットコインはもうすぐ青のラインにタッチしようとしています。
ここで跳ね返されるのか、それとも簡単に飛び越えていくのか?

今週はまさにここが一つの見どころかなと思っています。


さてここからは僕の予想です。
約一ヶ月もかけて下降してきたわけで、ここから簡単に青のラインを飛び越えていくのは考えにくいかなと思っています。

青のラインにタッチ、もしくはその寸前に一度落ちて、その後またゆっくりと4〜6日ほどかけて上昇して青のラインを越えていくのかなと予想しています。
それが下記の図です。

もしこのような形になっていくと、「逆三尊(ぎゃくさんぞん)」という長期的な上昇相場に入る可能性が高くなる形が完成することを意味します。

ビットコインはいま一見すると上昇相場にも見えますが、それは1時間足や4時間足で見た場合のことで、日足で見るとまだ下降トレンド中ということが分かります。
それこそ青いラインを越えてこそやっと上昇トレンドになりつつある、といった感じです。

なので実際のところはまだ油断はできません。
青いラインにタッチした後そのまま下降トレンドが続く可能性もあります。
万が一下がってきた場合、とくに短期投資の方はどこで損切りをするのか、いまのうちにリスクを考えておくことが重要になります。

 

ヒコエモン

実際のところ相場の予想は本当に難しいです
いまのビットコインはチャートを見る限りかなり強いので、そのまま上昇してしまう可能性もあります。
それと暴落した時のRSIを見てみるとやはりダイバージェンスが発生しています。
興味のある方は一度自分で探してみると勉強になると思いますよ。

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.