エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

分散型取引所(DEX)とは?

分散型取引所(DEX)とは?

こんにちわ、ヒコエモン( hikoemon_crypto)です。
分散型取引所(DEX)についてまとめてみました。
コインチェックの流出問題などで資産を取引所に預けるのが不安に思う方も多いなか、とくに今年はDEXに注目が集まっています。
開発も活発に進んでおり、今後もしかすると一般的になる可能性もあることから、まずはDEXがどういったものなのかを解説したいと思います。

 

分散型取引所(DEX)について

 

DEXのことをお話しする前に、まず取引所には2種類あります。
それは中央集権型取引所と、今回紹介する分散型取引所(DEX)です。
順番に説明していきますね。

 

中央集権型取引所とは

いま多くのみなさんが使っているbitFlyerやZaifなどは中央集権型取引所といいます。
各取引所には中央管理者が存在しており、取引を行うために本人確認メールアドレスパスワードを登録して日本円を入金します。
そして売買も取引所で行うので、購入した仮想通貨はその取引所に預ける形になります。

これらはたしかに便利なのですが、その反面で最近でも起きた取引所のハッキング事件内部不正倒産リスクなど様々な可能性が孕んでいるともいえます。

 

分散型取引所(DEX)とは

DEX(Decentralized EXchangeの略)は中央管理者がいない取引所です。
なので本人確認やメールアドレスやパスワードは必要ありません。
なぜなら資産を預ける場所ではないからです。
DEXでは自分のウォレットから直接購入をします。

DEXは特定な中央管理者が存在しないので、全てブロックチェーン上で運営が行われています。
そのため秘密鍵もユーザー自身で管理しているので、ハッキングリスクの可能性が薄くなります。

ただしその反面、秘密鍵や自分の資産などはすべて自己管理しなくていけません。
また現在では出来高が少なく、注文にかかる手数料などもかかるというデメリットもあります。

 POINT

DEXは多くがEthereum上で構築されており、スマートコントラクトはEthereumネットワーク上に存在しています。
そのコードはオープンになっており、意図的な操作が難しく透明性が高いといわれています。

 

中央集権型取引所と分散型取引所、使うならどっち?

これは各ユーザーによって様々でしょう。

中央集権型取引所は取引高も多くカスタマーサポートフォークコインの対応などがメリットといえます。
また、秘密鍵を自分で適切に管理出来るか不安な方などは中央集権型取引所の方が良いです。

DEXは一般の取引所ではまだ買えないものを先行して購入できたりする場合も多いので、そういうのを狙っていきたい方にはオススメします。

ここでは中央集権型取引所と分散型取引所の違いなどを表にしてまとめてみました。

  中央集権型取引所 分散型取引所
資産管理者 取引所 ユーザー
ハッキングリスク 高い 低い
手数料 低い 高い(※1)
出来高 多い 少ない(※2)
基軸通貨 法定通貨、BTC DEXのトークン(※3)
身分証明の確認 有り 無し

※1. まだユーザー数が少ないですが、今後増加していく見込みがあります。
※2. 今後改善されていく可能性があります。
※3. 一部DEXでは法定通貨が使えるのもあります。

 

分散型取引所一覧

主な分散取引所を紹介します。
実際はまだあるのですが、ここでは僕が知っているのだけにしています。


EtherDelta

EtherDelta

 

イーサリアムプラットフォームのDEXです。
ほとんどのICO銘柄がここに上場されており、DEXのなかでは最も有名です。
売買を行うにはETHやERCトークンが必要になります。
またオーダー、約定、出金、キャンセルなどすべてに手数料がかかります。

関連:EtherDelta

 


 

0x protocol

0x protocol

 

0xはトークン同士を取引する分散型取引所(DEX)です。
厳密にはDEXそのものというよりもDEXを可能にするプロトコルといえます。
0xの最大の特徴は取引や管理もすべてオフチェーンで行っているところです。
そのため安価で高速な処理が実現できます。

DEXは基本的にオンチェーンでの処理になるため、現状ではコストが高くなってしまいます。
そのようなことから0xは非常に注目されています。

関連:0x protocol

 


 

Waves Lite Client

Waves Lite Client

 

WavesプラットフォームのDEXです。
WavesはウォレットにDEXが統合されているため、ウォレット内で取引が完結します。
特徴としては、ドルやユーロも取り扱っており、法定通貨と仮想通貨で取引や送金などが可能です。
またWavesは自前のWavesトークンが発行できます。

関連:Waves Lite Client

 


 

AirSwap

AirSwap

 

AirSwapはP2Pを用いてトークンの交換を可能にするプロトコルです。
AirSwapで使用されるトークンはASTと呼ばれます。
特徴としてはオーダー管理はオフチェーンで行い、トークンの交換はオンチェーンで行っています。
また、0xは約定に手数料が掛かる仕様になっていますが、Airswapはユーザー間のP2P交換をサポートする役割を果たしているので手数料が掛かりません。

関連:AirSwap

 


 

Kyber Network

Kyber Network

 

Kyber Networkは仮想通貨を交換するための分散型取引プラットフォームです。
KyberNetworkはオーダー管理と約定の両方をオンチェーンで行っています。
トークンの交換はスマートコントラクトによって取引の自動的な執行、流動性の確保、安全性などを目指しています。

また、2019年にはクロスチェーンもサポートする予定になっています。
イーサリアム創業・開発者のVitalik Buterin氏をアドバイザーに迎えたことでも話題になりました。

関連:Kyber Network

 

ヒコエモン

ここ最近では海外の大手取引所Bitfinexが独自の分散型仮想通貨取引所の構築を行うことを発表しました。
このような流れからも今後はDEXが主流になってくると予想されます。
しかしDEXは送金やウォレット管理に慣れていない方にとってはちょっとだけ敷居が高いかもしれません。
まずはウォレット管理からしてみることをオススメします。

 

#取引所

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.