エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

今週気になった仮想通貨ニュースのまとめ (2/25〜3/3)

今週気になった仮想通貨ニュースのまとめ (2/25〜3/3)

こんにちわ、ヒコエモン( hikoemon_crypto)です。
今週は気温も暖かくて過ごしやすかったですね。
時間の経過が早いのは嫌ですが冬は早く終わって欲しいです。

最近発見したことなんですがプレミアムモルツって美味しいんですね。
基本的にビールはあまり飲まないのですが、何気なく買ったプレミアムモルツがまろやかで美味しくてちょっとだけはまってます。

さて、それでは今週の気になった仮想通貨ニュースをまとめてみました。

 

今週の気になった仮想通貨ニュース

 

米取引所Poloniex、Circleによって買収される

ブロックチェーンテクノロジーを利用した決済事業を展開するCircle社が、米仮想通貨取引所Poloniex400Mドル(約420億円)で買収しました。

Circle社は米大手投資銀行のゴールドマン・サックスから出資を受けているため、ゴールドマン・サックスは今回の買収を支持していると推測がされます。
このような観点から、ウォール街と仮想通貨の繋がりがより深くなると推測されたことにより、ビットコインの価格が大きく上昇しました。

また、Circle社の決済サービスであるCircle PayやCircle Investは、将来的にはPoloniexと接続できるようになるようです。

※Poloniexは3月末までに本人確認を済ませていないユーザーは資産が凍結されるようですので注意が必要です。

参考記事:BTCN

 

ヒコエモン

Poloniexを買収したCircle社の株主には、ビットコインとブロックチェーン技術に対して頻繁に投資を行っているデジタルカレンシーグループも入っています。
ちなみにこのデジタルカレンシーグループのシニアアドバイザーであるGavin Andresen氏は、ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトが退いた後の数年間はリードデベロッパーでした。

今回の動きからも、仮想通貨への需要の高まりを感じることができます。

 

 

複数のアナリスト:2018年はビットコインが発展を遂げる最高の年になると確信

多くのアナリストが、今年は長期的に見れば仮想通貨市場全体が上昇傾向に向かうだろうと確信しているそうです。
とりわけビットコインは多くの投資家に大きな利益を生むだろうと考えられています。

参考記事:COIN POST

 

ヒコエモン

”多くのアナリスト”というのが、誰でどのくらいの人数の人たちが言ったのかは分かりませんが、今年最高の年になるなら期待したいですね!
たしかにビットコインの開発は想定よりも早いようです。
また最近ではCoinbaseとBitfinexがSegwitを導入して市場の期待が高まっています。
実際につい最近までSegwit普及率は約10%前後だったのですが、現在は30%前後まで上昇しています。

 

 

SBIホールディングスが米国最大手の仮想通貨メディアCoinDeskとの戦略的業務提携

SBIホールディングス株式会社傘下のモーニングスター株式会社が、米国で仮想通貨およびブロックチェーン関連のニュースやコラムの配信を手掛けるCoinDesk,Inc業務提携することで合意いたしました。

米国最大手の仮想通貨メディアのCoinDeskのユニークユーザー数は既に月間1,000万人を超え、FacebookやTwitter、リンクトインなどのSNSのフォロワー数は60万人、メールマガジンの登録者数は15万人と数多くのユーザーから高い支持を得ています。

そのCoinDeskとの戦略的業務提携により、CoinDeskが米国で提供するニュースやコラム等を日本語に翻訳し、仮想通貨ポータルサイトやスマートフォンアプリを通じて提供していくそうです。

参考記事:SBI Holdings

 

ヒコエモン

SBIホールディングスは絶好調ですね。
リップルに直接的な価格影響はなさそうですが、じわじわと効いてくるんでしょうか。
CoinDeskは僕もよく見ますが、日本語翻訳してくれると本当にありがたいです。

 

 

Decentralandメタヴァース上にEtheremon(イーサリもん)が登場する

DecentralandのメタヴァースにてEtheremon(イーサリもん)がプレイできるようになることがアナウンスされました。これはDecentralandの公式ローンチとともにスタートするとのことです。

これが実現してEtheremon(イーサリもん)がDecentraland上でヴァーチャルリアリティーとして現れるようになったら非常に面白そうです。

参考記事:クリプトカレンシーマガジン

 Etheremon(イーサリもん)・Decentralandとは?

Etheremon(イーサリもん)とはブロックチェーンゲームで、簡単にいってしまえばイーサリアム版のポケモンのようなものです。
ポケモンと同じようにモンスターを捕獲したり育てたりバトルさせたりすることができます。

Decentralandとはイーサリアム上で動くVRプラットフォームになります。
仮想現実のなかで土地を購入したり売ったりでき、その土地を使ってビジネスもできちゃいます。
実際に土地の売買ができるのはブロックチェーンならではの技術ですね。

 

ヒコエモン

Etheremon(イーサリもん)も、Decentralandも同じイーサリアム上のネットワークで構築されているので、このような面白い融合ができます。

例えるなら、ドラゴンクエストで仲間に加えたモンスターを、ファイナルファンタジーの世界へ連れて行って戦わせることができるということです。

今後このようなサービスはどんどん生まれてくるかと思います。
これ本当にすごいことで、ブロックチェーンならではの技術なので紹介しました。

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.