エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)について。特徴・メリット・登録方法の解説

bitFlyer(ビットフライヤー)について。特徴・メリット・登録方法の解説

こんにちわ、ヒコエモン( hikoemon_crypto)です。
日本国内にはいくつかの仮想通貨取引所がありますが、今回はbitFlyer(ビットフライヤー)について解説したいと思います。
また、当ブログで紹介している国内の仮想通貨取引所は、すべて仮想通貨交換業者の登録完了済み企業になります。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は株式会社bitFlyerより運営されており、2014年1月9日に設立されました。
また、代表取締役である加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会の代表理事も務めています。

代表取締役の加納裕三氏の経歴として注目しておきたいのが、もともとはゴールドマン・サックス証券にてエンジニアとして入社し、決済システムの開発やトレーダーとしての経験もあるようです。
仮想通貨業界はベンチャー系も多いので、このようなしっかりと金融業界で経験を積んでいる人が運営していると分かるだけでも安心に繋がるかもしれません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

資本金で国内第1位

bitFlyerの会社概要を見てみると資本金が41億238万円(資本準備金含)となっています。
この金額は国内の他の取引所に比べてもダントツでトップの資本力となっています。
また、ビットフライヤーには大手企業が出資していることからも信頼性の高い企業ということが分かります。

取り扱い通貨

ビットフライヤーでの取り扱い通貨は6種類になります。

 

取引手数料

基本的にはビットコイン取引にかかる売買手数料は0.01%〜0.15%となっています。
0.01%〜0.15%というのはビットコイン簡単取引所とLightning現物においての取引額によって手数料が異なってきます。
販売所での売買手数料はすべて無料となっています。

ビットコイン売買手数料 ビットコイン簡単取引所 0.01% ~ 0.15%
Lightning 現物(BTC/JPY)
ビットコイン販売所 無料
Lightning FX/Futures
アルトコイン売買手数料 Lightning 現物(ETH/BTC) 0.20%
Lightning 現物(BCH/BTC)
イーサリアム販売所 無料
イーサリアムクラシック販売所
ライトコイン販売所
ビットコインキャッシュ販売所
モナコイン販売所
リスク販売所

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴やメリット

 

圧倒的な資本力と信頼性

正直なところ、もうこれに尽きる気がします。
bitFlyerは日本最大手の取引所で取引量・ユーザー数・資本金で国内第1位になっています。
また、上でも紹介しましたがビットフライヤーには大手企業が出資していることもあり信頼性の高い企業です。

とくに仮想通貨業界はまだ発展途上でもあり、取引所の閉鎖リスクの可能性もあります。
そのような中で社会的にも信頼性の高い企業を選ぶのは重要かもしれません。

 

セキュリティ面

ビットフライヤーのセキュリティには定評があり、実際に世界の仮想通貨取引所のセキュリティ分析した調査ではビットフライヤーが世界一安全だと評価されました。
以下のtwitterは、実際そのときに代表取締役である加納裕三氏がツイートしたときです。

 

ビットコインがもらえるサービス

無料でビットコインがもらえる

ビットフライヤー経由で買い物をすると、無料でビットコインがもらえるサービスがあります。
例えば「じゃらんnet」などもありますので、旅行好きな方などはビットフライヤー経由で購入すると商品価格から1%相当のビットコインがもらえます。

その他には「楽天」「ZOZOTOWN」などもあり、うまく使えばこれだけでもけっこうビットコインを貯めることができるかもしれません。

 

販売所の画面

すべての通貨を手軽に販売所で購入することができます。
ただしビットフライヤーの販売所はスプレッドが高いので要注意です。
スプレッドについてはこの後お話しします。

 

ビットコイン取引所の画面

ビットコインだけは取引所で購入することができます。
シンプルなデザインですので、それほど迷うことはないと思います。

 

bitFlyer Lightningのチャート画面

主にビットコインFXで使用されています。
その他ではBTC/JPY、ETH/BTCのペアで現物取引ができます。
チャート機能も充実しており平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカルも利用することができます。
PCのスペックにもよりますが、若干動作が重いです。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)を利用する上での注意点

 

販売所で購入する場合はスプレッドに気をつけること

ビットフライヤーで一点だけ気をつけなくてはいけないのがスプレッドです。
「販売所」で購入する場合、取引相手はビットフライヤーになるので、ビットフライヤーから通貨を購入したり売却したりすることになります。

「販売所」ではビットフライヤーが決めた買値と売値の価格があり、その価格差のことをスプレッドと言われビットフライヤーの手数料となっています。
例えばドルと円の両替などがそうですが、1ドル=100円のときにドルを購入するとします。その後すぐにドルを売ろうとすると売値は1ドル=97円となっている時があります。
そうすると3円損したことになりますよね。
この価格差のことをスプレッドと言います。

上で紹介した取引手数料の項目で、販売所では手数料は無料となっていますが、実はビットフライヤーはこのスプレッドが広いので、買ったり売ったりを繰り返しているとあっという間に財産が減っていきます。

ちなみに現在(2018年3月6日)のスプレッドがどのくらいか見てみましょう。
以下はビットコイン販売所の取引価格になります。

買値が1BTC=1225355円で、売値が1BTC=1196194円となっています。
なんとその価格差は29161円です。

このようにビットフライヤーに限ったことではないのですが、「販売所」で購入するとスプレッドによって損をすることが多いので、なるでく「取引所」を使って購入するようにしましょう。
「取引所」であればユーザー同士で売買を行うので、通常の手数料のみで購入することができます。

また、アルトコインの場合はビットフライヤーですと「販売所」でしか購入ができないので、別の取引所で購入するのをオススメします。

 

登録方法


まずビットフライヤーの公式サイトへ行きます。
bitFlyer公式サイト

メールアドレスを入力しアカウント作成をクリックします。
※セキュリティ面からもFacebookでアカウント作成はあまりオススメしません。

そうすると登録したアドレス宛にメールが届くので確認しましょう。

上図が送られてくるメールの内容になります。
初回パスワードはログインするときに使用します。※パスワードはログイン後に変更します。
キーワードは次の説明で使用します。

 

上図のような画面に切り替わりキーワードを求められるので、メール内に記載してあったキーワードを入力します。
入力したらアカウント作成をクリックしましょう。

 

キーワードを入力して進むと利用規約・プライバシーポリシーの確認画面になります。
各項目を読んだらチェックを入れて「bitFlyerをはじめる」をクリックします。
そうすると次の画面が表示されます。

 

「まずは取引時確認の入力からはじめる」をクリックして個人情報の入力画面へ移ります。

 

「名前」「性別」「生年月日」「国」「郵便番号」「住所」「電話番号」と各項目に従って入力したら「登録情報を確認する」をクリックします。

 

登録情報を確認してOKなら「ご本人情報を登録する」をクリックします。

 

上図の画面が表示されるので「続けてご本人資料を提出する」をクリックします。

 

ご本人確認資料の提出画面が表示されるので、提出する資料を選んでアップロードします。
写真をアップロードしたら「ご本人確認資料を提出」をクリックします。

必要な書類は以下から選べます

■運転免許証
■個人番号カード
■住民基本台帳(顔写真あり)
■各種健康保険証
■各種年金手帳(平成8年以前に発行のもの)
■各福祉手帳
■住民票の写し
■印鑑登録証明書
■在留カード
■特別永住者証明書
■外国公的書類(海外外国人用)



次に銀行口座情報の登録をします。

各項目を入力し確認したら「銀行口座情報を登録する」をクリックします。
あとは取引目的の確認画面が表示されるので、当てはまる項目にチェックを入れればOKです。

数日後にbitFlyerから転送不要書留郵便が届くので、それで登録完了となります。

 

セキュリティの設定

 

パスワード変更

新規登録したばかりの場合は、メールで送られてきた初期パスワードのままなのですぐに変更しましょう。
「設定」→「パスワード変更」をクリックします。

1. 現在のパスワード(新規登録の場合は初期パスワードになっています)を入力します。
2. 新規パスワードを決めて入力します。
3. 確認のためパスワードを再入力します。

OKであれば「パスワード変更」をクリックします。
これでパスワードが変更されました。

 

二段階認証の設定

ここでは二段階認証の設定をします。
これは必ずしましょう。
「設定」→「セキュリティ設定」をクリックします。

「二段階認証設定を変更する」をクリックします。

 

そうすると登録メールアドレス宛にメールが届くので、そこに記載されている確認コードを入力します。
※時間が経つを確認コードは無効となるため、その際は「確認コードを再送信する」をクリックすると再びメールが送られてきます。

 

設定方法としては「認証アプリを使う」「携帯電話のSMSで受取る」「メールで受取る」の3種類がありますが、bitFlyerとしてはセキュリティ面から「認証アプリを使う」「携帯電話のSMSで受取る」のどちらかを推奨しています。

ここでは「認証アプリを使う」を選択します。
「ログイン時」「外部アドレスの登録時」「日本円の出金時」すべてにチェックを入れます。

OKであれば「次へ」をクリックします。

 

1. Googleアプリの「Authenticator」を使ってQRコードを読み込みます。
2. 読み込んだら、表示されている二段階認証の確認コードを入力します。
3. 「二段階認証を設定する」をクリックします。

これで二段階認証の設定は完了です。

 

■Authenticatorアプリをダウンロード
 

アカウントキーは必ずメモして大切に保管しておきましょう。
もし「Authenticator」アプリやスマートフォンが壊れたりした時でも、別のアプリやスマートフォンから二段階認証の番号を表示させることができます。
QRコードを写真で撮って保管してもよいです。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

ヒコエモン

ビットフライヤーは国内で一番の取引量を誇っているので、FXするならビットフライヤーがおすすめですね。
取引所ごとに特徴があるので、上手く使い分けるといいですよ!

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.