エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

スマホアプリ Bitcoin.comウォレットの設定方法と使い方(ビットコインキャッシュ対応)

こんにちわ、ヒコエモン( hikoemon_crypto)です。
今回はBitcoin.comがリリースしているビットコインとビットコインキャッシュを対応したスマートフォンウォレットを紹介します。
おそらくビットコインのウォレットのなかでは世界中で一番使われているのではないでしょうか。
PCもスマートフォンもすべて対応しているし、日本語も対応しているので使いやすいと思いますよ。

 

導入〜初期設定方法

 

ウォレットを作成する

まずはアプリをダウンロードしましょう。
その他PC版などをご利用の方は公式サイトからインストールできます。

■Bitcoin Wallet By Bitcoin.comアプリをダウンロード
 



ダウンロードしたら起動させましょう。

 

ビットコインウォレット作成画面が表示されるので、「ビットコインウォレット作成」をクリックします。

 

 

メールアドレスを入力するように求められるので入力しましょう。
入力はしなくても進められますが、設定しておくと送金の際に通知が来るのでセキュリティ面でも登録をオススメします。

 

 

これでウォレット作成の完成です。

 

バックアップをする

次にウォレットのバックアップを行います。
「設定」をクリックしましょう。

今回はビットコインキャッシュでの説明ですが、ビットコインも作業は同じです。
ビットコインキャッシュ、ビットコイン両方とも必ずバックアップを取りましょう。

 

 

ビットコインキャッシュの「個人用ウォレット」をクリックします。

 

 

「バックアップ」をクリックします。

 


周囲に見られていないか確認画面が表示されます。
周りをしっかり確認したら「分かりました」をクリックします。

続けて、画面写真を撮ると危険という注意文が表示されます。
よく読んだら「承知しました」をクリックします。

 

 

12のキーワードの復元フレーズが表示されます。
これは非常に大切なものなので、紙などにメモして絶対に無くさないように大切に保管しましょう。

しっかり書き留めたら「紙に書き留めました」をクリックします。

復元フレーズは、例えば資産を入ったアプリの破損や端末が壊れた時でも、新しいスマートフォンに同じアプリをインストールして復元フレーズを入力すれば、資産も復元して元どおりにすることができます。
逆に復元フレーズを誰かに盗まれてしまった場合は、簡単に資産を取り出されてしまうので大切に保管しましょう。

 

 

ここでは確認のため、先ほどメモした復元フレーズを正しい順序で埋めていきます。

 


復元フレーズを正しい順序で埋めたらバックアップ完了です。

 

アプリにロックをかける

アプリを起動するときにパスワード入力を求められるようにする機能です。
ただしこの機能はビットコインキャッシュとビットコイン両方のバックアップを取っていないと設定できません。
まだ設定してない場合は必ず両方バックアップ取っておきましょう。

それでは手順を説明します。
「設定」「アプリをロックする」をクリックします。

 


「PINでロック」「指紋認証でロック」どちらかを選択します。

「PINでロック」4桁のパスワードを入力してロック解除ができます。
「指紋認証でロック」はスマートフォンに指紋認証機能が付いていれば、指の指紋だけでロック解除できます。

これはどちらでも構わないので好きな方を選びましょう。
どちらか選択したら設定完了です。

 

表示通貨を日本円にする

デフォルトではドルになっているので馴染みのある円に変えましょう。
「設定」「表示通貨」をクリックします。

 

リストにある「Japanese Yen」をクリックします。 これで完了です。

基本的な最低限の設定はこれで良いと思います。
その他では各ウォレットの設定内にある「送金時のパスワード入力」「指紋を要求」など必要に応じて設定すればいいと思います。

 

入出金のやり方

 

入金するためのアドレスの確認方法

ここでは作ったウォレットに入金するやり方を、ビットコインキャッシュを使って説明します。
まずビットコインキャッシュのアドレスを確認しましょう。

メニューにある「受取」をクリックします。

 

 

QRコードとアドレスが表示されていると思いますが、今回はビットコインキャッシュを例としているので、まずはこれがビットコインキャッシュ用なのかを確認しましょう。
下にあるバーをクリックします。

 

 

上にスライドするのでビットコインキャッシュにチェックが入っているか確認します。
入っていない場合はアドレス表示させたい方をクリックして切り替えます。

 

 

次に「Cash Address」をクリックします。
「Cash Address」「Legacy」「BitPay」の3項目のリストが表示されます。

 

 

ビットコインキャッシュはアドレス方式が変更されたことにより、現在では2つのタイプが存在しています。
それは新方式タイプ(Cash Address)従来タイプ(Legacy)です。

■Cash Address
新方式タイプのアドレスです。
こちらのアドレスはすべて「q」から始まります。
しかし日本の取引所「ビットフライヤー」「Zaif」など、ほとんどの取引所ではまだ対応していません。
仮に送金しようとしてもエラーとなるだけなので心配ありません。

■Legacy
従来タイプのアドレスです。
こちらのアドレスはすべて数字の「1」から始まります。
まだ新方式タイプのアドレスに対応していない取引所から送金する場合はこちらのアドレスを使用します。

■BitPay
こちらはBitPayウォレット用のアドレスになります。
こちらのアドレスはすべて「C」から始まります。


今回はZaif取引所から送金するので「Legacy」を選択しました。
そうすると「1」から始まるアドレスに切り替わっています。

 

 

あとはいつも通り取引所の出金アドレスに入力すれば送金ができます。

送金するときは最初は必ず少ない金額でテストしましょう。

 

送金方法

ここでは送金のやり方について説明します。
まず「送信」をクリックします。

 

1. 送金先のQRコードがあればこちらをクリックします。
もしくはメニューにある「スキャン」も同じです。
2. QRコードなどがない場合は、送金先のアドレスを直接入力できます。
3. アプリはウォレットを複数作成することができるので、同じ通貨のウォレット同士で資金移動ができます。

どれか選んで次へ進むと次の画面が表示されます。

 

 

送金したい金額を入力します。
ここでは入力する通貨単位が「BCH」になっていますが、「Switch Currencies」をクリックすると「円」に切り替えることができます。
また「全残高を送金」をクリックすれば全額送金することもできます。

「Confirm」をクリックすれば確認画面へ進みます。

 

 

最終確認画面が表示されます。
「メモを追加」は自由にメモを取ることができるので、何の理由に送金したのかなど書いておくと、あとで履歴を見返したときに便利かもしれません。

確認したら下のバーを右にスライドさせれば送金完了です。
送金時のパスワードを入力設定していれば、このあとパスワード入力を求められます。

 

ヒコエモン

今回は紹介しませんでしたが、デフォルトでは「ビットコインキャッシュ」と「ビットコイン」の2つだけでしたが、ウォレットは増やすこともできます。
それぞれのウォレットの右上にある「+」をクリックすると簡単に作成できますよ。
もちろんバックアップは忘れずに!

 

#ウォレット #ビットコインキャッシュ #ビットコイン

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.