エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

【第8回】今週のビットコイン相場 (4/9〜4/15)

【第8回】今週のビットコイン相場 (4/9〜4/15)

こんにちわ、ヒコエモン( hikoemon_crypto)です。
先週はお休みしましたが今週は「今週のビットコイン相場」をやります。
今週は大きな相場転換もあり、ビットコイン相場も賑やかになって久しぶりにみんなの気分も明るくなった気がします。

とはいえ手放しで喜ぶわけにもいかずトレーダーたるもの油断は禁物です。
今週の相場を振り返って、今後の相場がどう動くのか予想しながら見ていきましょう。

 

チャート分析


それではまず日足で相場全体を見てみます。

ついに去年の12月から続いていた下降トレンドラインを抜けて上に大きく上昇しましたね!
ひとまず第一段階フェーズはクリアしたといえるでしょう。

いやぁ長かったです…。
とはいえ日足で見るとまだまだ下目線なので安心はできません。
まずは今週の相場を振り返ってみましょう。

 

強かったサポートライン!

去年から続いた下降トレンドは、3月30日に強力なサポートラインによってようやく止まり反発をしました。
しかし相場は下へ抜けようと何度も繰り返し挑戦してきました。
それが次の1時間足で3月30日〜4月10日くらいまでを表示させたチャート図です。

何度も何度も下へ行こうとしているのが分かります。
僕自身もきっとまだ大きく下がるだろうなと思っていました。

しかし下に抜ける場合、どんなに強いサポートラインでも3度目くらいには大抵下へ抜けますが、それでもサポートラインに反発されました。
また、3度目の反発からは安値が切り上がっているのも見逃せないです。

 

三角持ち合いをブレイク!

安値が切り上がっているのは分かりましたが、実は高値は切り下がっていました。
ここでラインを引いてみましょう。
次は1時間足のチャートになります。

ラインを引いてみると三角持ち合いになっていることに気付きます。
そして最終的には大きく上へブレイクしました。
今週の相場はこの三角持ち合いに気付けるとトレードを有利に進めることができたかもしれません。

とは言ったものの、はやり今回の相場は難しかったと言えます。
というのも、この三角持ち合いは上か下どちらにブレイクするのか正直なところ分からない状況でした。

また別で詳しく解説したいと思っていますが、簡単に説明すると基本的に三角持ち合いはトレンド途中の調整で起きることが多いのです。

そのような理由から、相場は下降トレンドだったので今回の三角持ち合いは下へブレイクする可能性も大きくありました。

しかし強いサポートラインの存在もあったことからどちらに動くか判断が難しく、またブレイク後は相場が大きく動くこともあらかじめ予想出来ていたので、ギャンブルトレードを避けるため僕はこのとき利確してポジションを手放していました。

なぜブレイク後に大きく動くことが分かっていたのかは、三角持ち合いの解説記事で詳しく書きますね。

 

相場予想

 

ひとまず相場は上目線になったと言って良いでしょう。
特に15日に大きく上へブレイクしたのが相場転換のサインとみえます。

しかし、だからといってこのまま去年の相場のような上昇を期待するのは危険です。
まだ日足レベルでは下目線ですし、ただの調整ともみれます。

とはいえ、まだしばらくは上昇していくだろうと考えているので、ロング(買い)をメインとして利確ポイントを探ってみます。

 

利確ポイント

相場転換したと考えて、しばらくはロングがメインになってくると思います。
ではこの上昇がどこまで続くのか、利確ポイントをチャートに表示してみました。
以下のチャートは日足です。

第一利確ポイントが約980000円、第ニ利確ポイントが約1100000円です。
個人的には第二利確ポイントまでは来るんじゃないかなと思っています。

当然すぐに上昇するわけではなく、1〜2週間ほどかけて上がるのではないでしょうか。
また、その間に調整で大きく下がる場面があると思うので、そこで押し目買いを狙っていければ良いと思っています。

 

押し目買いポイント

ここでは押し目買いポイントを探ってみます。
ただ、これは皆さんのトレード方法によって違うので、あくまで参考としていただければと思います。
次のチャートでは1時間足で、ブレイク手前の安値から現在の最高値をフィボナッチリトレースメントで引いてみました。

第一第二第三と押し目買いポイントを分けましたが、下にいくほど強気でロングしたいなという感じですね。

ただここまで本当に下がるかは確証はありませんが、どこかで必ず調整は来るはずなので、これを目安に押し目買いを僕はしたいと思っています。

もし来なかった場合はまたフィボナッチリトレースメントを引き直して調整してよいと思います。

 

ヒコエモン

ようやくビットコインも上昇へ向かい始めました。
もちろんまだ油断はできませんが、ゆっくり上昇していってくれればなぁと思います。

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.