エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

今週気になった仮想通貨ニュースのまとめ (4/15〜4/21)

こんにちわ、ヒコエモン( hikoemon_crypto)です。
宇宙人って信じますか?
宇宙人の大半は恐竜が小型化して知性を持っている「ペル」という種族のようです。
「ゲル」という宇宙人もいて、それは犬から進化しています。古代エジプトの壁画にあるようなスフィンクスやアヌビスも「ゲル」です。
ちなみにヒューマンタイプの宇宙人は少数ですが「エル」という種族がいます。
いや、僕はあまり信じてないですけど…仮に真実であった方が素敵ですね。

それでは今週の気になった仮想通貨ニュースをまとめてみました。

 

今週の気になった仮想通貨ニュース

 

コインチェックがXMR、DASH、ZECの取り扱い終了の方向へ

コインチェックが匿名性の高い通貨であるXMR、DASH、ZECの取り扱いを終了する考えを示しました。

匿名通貨はマネーロンダリングや税金逃れに利用されやすいと金融庁が問題視しており、マネックスグループの松本大社長は匿名通貨の継続するのが難しいと判断したようで、「匿名通貨を保有する顧客の保護を考えつつ、基本は取り扱いをやめる方向になる」と述べました。

 

ヒコエモン

実際にNEM流出したときも匿名通貨に換えられて犯人に逃げられた経緯もあり、匿名通貨の取り扱いを止めないと金融庁から交換業者登録の認可が下りなかったのかもしれませんね。

 

Kraken(クラーケン)が日本向けサービスを終了

海外大手取引所クラーケンが2018年6月中旬で日本向けサービスを中止すると発表しました。

サービス終了の理由として「近年急激に拡大した事業のグローバルな最適化を慎重に検討した上での判断」と述べており、産業全体のグローバルな成長をしっかりと掴んだ上で、将来日本に向けたサービスを再検討したい考えを示しました。

 

ヒコエモン

クラーケン使ったことなんですよね…。
クラーケンはみなし業者という立ち位置で運営されていましたが、金融庁の審査によって認められなかったのかもしれませんね。

 

三菱UFJフィナンシャル・グループが、実店舗でMUFGコイン決済の実証実験を開始

三菱UFJフィナンシャル・グループが、独自通貨「MUFGコイン」を使って実店舗で買い物をする実証実験を始めたようです。

実証実験は東京・丸の内の同社本部ビル内にあるコンビニエンスストアで開始しました。
MUFGコインでの支払いに対応するレジを設置し、スマートフォンに表示されたQRコードをタブレットで読み取ることで支払いが完了するようです。

 

ヒコエモン

MUFGコインは「1MUFGコイン=1円」と価値が固定されているようですね。
これって仮想通貨なんですかね…スイカの支払いと変わらない気がするんですけど。
まだ分かりませんが、銀行間での送金とかは便利かもしれませんね。

 

証券コンソーシアム、ブロックチェーン活用の実証実験実施

米Ripple社とSBIホールディングスの合弁会社「SBI Ripple Asia」が主導する「証券コンソーシアム(共同事業体)」が19日、正式に発足しました。

六本木で開催された第1回目の証券コンソーシアム全体会合では、業界横断的な証券事務の検討やブロックチェーンを活用した本人確認の実験の結果を確認。
年内に新サービスの提供を目指すようです。

 

ヒコエモン

コンソーシアムはブロックチェーンを使って、生体認証、AI(人工知能)など先端技術を活用した新しい金融インフラの構築を目指しており、コスト削減や証券サービスの利便性向上を目的にしています。

証券で口座を作る時も、本人確認など手続きが複雑だったり、証券会社ごとにプロセスが異なるので面倒だったりしますが、これらの問題をブロックチェーン技術を利用して共通化する実証実験なども行っているみたいです。

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.