エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

【第9回】今週のビットコイン相場 (4/16〜4/22)

【第9回】今週のビットコイン相場 (4/16〜4/22)

こんにちわ、ヒコエモン( hikoemon_crypto)です。
「今週のビットコイン相場」の時間です。
今週の相場はなかなか強い上昇を見せていました。
分かりにくかった相場ではありましたが、トレードチャンスも明確にあったので、その辺をしっかり見直していきたいと思います。

 

チャート分析


それではまず12日に上へブレイクしたところから現在までのチャートを4時間足で見てみます。

12日に上にブレイクしてからは緩やかに上昇していますね。
しかし前回の「今週のビットコイン相場」でもお話ししましたが、やはり第一利確ポイントの980000円付近で停滞しており、上昇の力が弱くなっています。
まずは今週の相場を振り返ってみましょう。

 

方向性のないレンジ相場 4月16〜4月19日

12日に上へブレイクしてからは一旦落ち着き、いまいち方向性のないレンジ相場が続きました。
次のチャートは4月16〜4月19日の30分足のチャートです。

レジスタンスライン・サポートライン・抵抗線を引いてありますが、これは13〜14日のローソク足を見ていれば引けているはずのラインになります。
方向性のないレンジ相場でしたが、この辺のラインをしっかり引けていればトレードチャンスはあったと思います。

 

戻り売りポイント1

レジスタンスラインを抜けて上昇するかと思ったローソク足が大陰線をつけて下がって来ました。そしてレジスタンスラインを下に抜けた後にまた上昇しますが、上ヒゲを付けて押し戻されています。
まさにここが戻り売りのチャンスとなったんじゃないでしょうか。
利確ポイントも明確で、この部分だけでも30000円ほどの値動きがあるので利益としては十分とれます。

 

逆張りポイント2

逆張りは危険だという声もありますが、明確なサポートラインが分かっているならやってみても良いと思います。損切りポイントもサポートラインを割ったところなので明確です。
また、この時の相場は上目線でしたのでやる価値はあったはずです。
利確ポイントは様々ですが、確実に利益を取っていくなら抵抗線での利確が良いでしょう。
しかし相場は上目線なので、忍耐強く持っておくのも手だと思います。

 

買いの強い相場 4月20〜4月22日

4月20〜4月22日は全体的に大きく上昇する相場でした。
次のチャートは4月16〜4月19日の30分足のチャートです。

 

押し目買いポイント1

ついに20日にはレジスタンスラインを超えました。そこから今までレジスタンスラインだったのがサポートラインに変わります。
その後少し下げますが、ここで綺麗にサポートラインに反発して下ひげを付けます。
ここは大きな押し目買いチャンスでした。
利確ポイントは前回のビットコイン相場で予想していたラインです。
まさにこの辺りで大きく反発きましたね。

 

押し目買いポイント2

レジスタンスラインで反発後に大きく下降しますが、その後に相場転換してまた緩やかに上昇していきました。そのサインとなったのが逆三尊です。
30分足では分かりにくいかもしれないので5分足でも表示させています。
形もキレイでネックラインでの押し目買いは挑戦するべきです。

 

相場予想

 

今回は特に書くことはなく、前回の「今週のビットコイン相場」で予想しているのと同じです。
まずは前回予想した第一利確ポイントである980000円付近までは上昇しました。

そして時間はかかると思いますが、次の第二利確ポイントである1100000円くらいまでは上昇するんじゃないかと思っています。
ただちょっと欲張り過ぎる予想かもしれませんけどw

まぁ、いまチャートを見てみると思いっきり下げようとする動きも見れるので注意が必要でしょう。

 

ヒコエモン

いま相場は時折急激な動きを見せているので、しっかりラインを引いて慎重にトレードすることが大切だと思います。

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.