エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

TradingViewの基本的な使い方・おすすめのインジケーター

TradingViewの基本的な使い方・おすすめのインジケーター

日本や海外の取引所でも多く採用されているチャートソフト「TradingView」がとても便利なので紹介したいと思います。

ビットコインFXをやる場合、日本の取引所だとbitFlyer、GMOコイン、DMM Bitcoinなどを使っている方が多いと思いますが、しっかりしたテクニカル分析をやるとなると取引所の用意したチャートソフトでは若干の物足りなさも感じることがあります。

その点「TradingView」は豊富なテクニカル分析ツールが揃っているので、より精密な分析ができます。
まだ触ったことがない方は無料版も用意されているので、記事を読んで良かったらぜひ活用してみてください。

 

TradingViewとは

 

株や為替や先物チャートなどを見ることができるチャートソフトです。
もちろん仮想通貨も対応しています。

チャートソフトといえばMetaTrader 4(MT4)が有名ですが、最近はTradingViewの使い勝手の良さから人気を高めており、徐々に主流になりつつあります。

 

料金プランと登録方法

TradingViewは無料でも十分使えますが、その他には「PRO」「PRO+」「PREMIUM」の3つのプランが用意されています。

僕がオススメするのは「PRO」です。
なぜなら「PRO」だとボリュームプロファイル(価格帯別出来高)という非常に強力なツールが使えるからです。
詳しくは後述しますね。

 

登録方法はシンプルで「Eメールアドレス」「ユーザー名」「パスワード」を決めれば認証メールが届くので、そこに記載されているURLをクリックすればすべて登録完了です。

下記のリンクよりトップページの「無料登録」からできます。

TradingViewの公式サイトへ

 

TradingViewの特徴

 

マルチプラットフォーム

TradingViewはブラウザ上で動作するように設計されているため、AppleやWindowsなどOSやブラウザは関係なくすべての機能を使うことができます。

アプリはiPhoneのみリリースされています。

 

多数の仮想通貨銘柄も対応

TradingViewは株価、為替、米国債の利回り、ゴールドと幅広く世界中の銘柄を網羅しています。
仮想通貨も多数の銘柄を対応しており、以下になります。
今後も増えていくそうです。

銘柄 ティッカー
Bitcoin(ビットコイン)/米ドル BTC/USD
Ethereum(イーサリアム)/米ドル ETH/USD
Ripple(リップル)/米ドル XRP/USD
Bitcoin cash(ビットコインキャッシュ)/米ドル BCH/USD
Litecoin(ライトコイン)/米ドル LTC/USD
EOS(イオス)/米ドル EOS/USD
Cardano(カルダノ)/米ドル ADA/USD
Stellar(ステラ)/米ドル XLM/USD
NEO(ネオ)/米ドル NEO/USD
IOTA(アイオータ)/米ドル IOT/USD
Monero(モネロ)/米ドル XMR/USD
Dash(ダッシュ)/米ドル DASH/USD
NEM(ネム)/米ドル XEM/USD
Tether(テザー)/米ドル USDT/USD
Tron(トロン)/米ドル TRX/USD
EthereumClassic(イーサリアム・クラシック)/米ドル ETC/USD
Lisk(リスク)/米ドル LSK/USD
OmiseGO(オミセゴー)/米ドル OMG/USD
BitcoinGold(ビットコインゴールド)/米ドル BTG/USD
Zcash(ジーキャッシュ)/米ドル ZEC/USD
Steem(スチーム)/米ドル STEEM/USD
DigixDAO(ディジックスダオ)/米ドル DGD/USD
Bytecoin(バイトコイン)/米ドル BCN/USD
Siacoin(シアコイン)/米ドル SCU/USD
Waves(ウェーブス)/米ドル WANES/USD
Stratis(ストラティス)/米ドル STRAT/USD
BitShares(ビットシェアーズ)/米ドル BTS/USD
Status(ステータス)/米ドル SNT/USD

 

利用できる仮想通貨取引所のデータ一覧

TradingViewは日本を含む世界中の取引所のデータを活用できます。
以下が一覧になります。

 

豊富な分析ツール

TradingViewではフィボナッチハーモニックパターンエリオット波動など、様々なツールが用意されています。

後述しますが、有料プランになりますがボリュームプロファイル(価格帯別出来高)は絶品です。

 

ソーシャルサービス

TradingViewはtwitterのようなソーシャルサービスがあり、トレーダー向けに自分のトレードアイデアを投稿して共有することができます。
これを見るだけでもけっこう色んな考え方の人達がいてとても勉強になりますよ。
気になった方はフォローもできます。

 

基本的な使い方

 

TradingViewは本当に多機能なのですべて紹介することは難しいので、ここでは基本的な使い方だけをサクッと紹介しますね。
ちなみに日本の取引所だとZaifbitbankなどがTradingViewを採用しているので、知らずに触ったことがある方も多いと思います。

メインで使うことになるチャート画面は以下になりますが、実際によく使う部分にだけ赤枠で囲みました。

 

通貨ペア

通貨ペアを選ぶときには、チャート画面にある通貨ペアをクリックして、表示させたい通貨を入力すると一覧が表示されるので選択できます。

とくにビットコインのトレードをする方は多いと思いますが、例えば「BTC」と入力するとたくさんの取引所の候補が出てきます。

日本の取引所だとbitFlyerとかもあるのでそれでもいいのですが、ビットコインの場合オススメの取引所はBitfinixです。

理由としてはBitfinixはドルでのビットコインの取引量が世界一なので、他よりも先行してチャートが動くことが多いからです。

 

テクニカルツールを使う

RSIなどのオシレーター系や、移動平均線などのトレンド系のツールを使いたい場合は、すべて「インジケータ」から検索して使います。

ここでは試しに移動平均線を表示させてみましょう。

「インジケーター」をクリックし、検索窓に「m」と入力してください。
そうすると検索結果一覧の中に「移動平均線」とあるのでクリックすれば移動平均線を表示させることができます。

 

 

そうするとチャートの左上に移動平均線が追加されたことを示す「MA(moving average)」と書かれた項目があるので、「歯車のマーク」をクリックします。

ここにある「長さ」という項目が移動平均線の設定したい日数になります。
その他では線のスタイル(色や太さなど)を変えることができます。

今回は検索窓を使いましたが、基本的なツールは「インジケーター」→「テクニカル解析」→「内蔵」の中にあります。

 

オススメのツール

 

TradingViewをせっかく使っているなら、ということで僕がオススメするツールを紹介します。

 

リプレイモード

過去の好きな時間帯に戻ることができる機能です。
これは値動きを検証するときなどに便利で、検証したい時間帯を指定すればロウソク足もすべて巻戻しされ、そこから再生や一時停止などすることができます。

とくに初心者さんにはぜひ使って欲しくて、過去の時間帯に戻って検証したり、予想して正しい方向に行くのか再生・一時停止しながら勉強することができます。

操作も簡単で上部パネルにある「再生」をクリックすると赤い縦線が表示されるので、その線を戻りたい時間帯まで移動してクリックします。
あとは再生ボタンを押せばそこからスタートします。

 

一押し機能! ボリュームプロファイル

個人的にTradingViewの中で一押しの機能はボリュームプロファイル(価格帯別出来高)です。
どういう機能かというと、価格帯別で出来高を表示することができるんです。

ただしこの機能を使うには有料プランの「PRO」にアップグレードしなくては使うことができませんが、それでも払う価値はあるかなと思っています。

なぜそこまでの価値があるのかというと、価格帯別で出来高を確認できると、意識されている価格を知ることができるのでトレード戦略が立てやすくなります。
またさらに買いと売りの比率まで知ることができるんです。

ボリュームプロファイルは「インジケーター」→「出来高プロファイル」にあります。

 

3種類あるボリュームプロファイル

ボリュームプロファイルは3種類が用意されており、以下になります。

・可視範囲出来高:チャートに表示されている範囲内の出来高を表示。こちらが一般的。
・固定期間出来高:指定した範囲の出来高を表示。
・セッション出来高:1日毎の出来高を表示。

最も一般的に使われています。
僕自身もほとんどこれしか使っていません。

 

チャート上で出来高の知りたい範囲をドラッグすると表示させることができます。

 

1日が青いボックスで囲まれており、1日毎ごとの価格帯別出来高が表示されます。

 

設定方法

ここでは一般的に使われている可視範囲出来高の設定について説明します。

デフォルトのままでも問題なく使えるのですが、より詳細な出来高を表示させるために価格帯のバーをもう少し細かくしたいと思います。

 

設定画面を表示させて「入力」を選ぶと「列の大きさ」という項目があります。
ここの数値が高いほど分割されて表示がされます。

デフォルトでは24となっていますが100〜200くらいに変えましょう。
もっと細かくしたい場合は数値を上げるとよいです。
スキャルピングされる方などはもっと細かくするとよいかもしれません。

 

活用方法

ここではボリュームプロファイルの活用方法を一つ紹介したいと思います。

価格帯別で出来高が見れるということは、出来高が多いほどその価格帯がサポートライン・レジスタンスラインとして機能することを意味します。

次のチャート図から解説しますね。

まずは上のチャート図の1番を見てみましょう。

チャート内で一番出来高が多いのが分かると思います。
ようするに最も売買の攻防が激しい価格帯ということです。
実際にそのラインを見るとその中で揉んでおり、サポートラインまたはレジスタンスラインになっています。

次は2番3番ですが、ここの価格帯は売りが全く入っておらず買いのみです。
売りがないということは、それだけ買いが強い価格帯を意味するので、強力なサポートラインとなる可能性が高くなります。
実際にここのラインを見ると大陽線を形成し大きく上昇をしていますね。

 


 

どうでしょうか。
ようするに価格帯別の出来高を知ることができるとエントリーポイント・損切りポイント・利確ポイントなどをかなり有利に見つけることができるということです。

ふだん行っているテクニカル分析に加えてやるとかなりの戦力になるはずです。
これだけでも有料プランにする価値は十分あると僕は思います。

30日間の無料お試しもあるので一度試してみるのをオススメしますよ。

TradingViewの公式サイトへ

 

ヒコエモン

僕も最近導入したのでまだ分からない部分もありますが、それでもかなりオススメします。
ボリュームプロファイル機能はぜひ活用して欲しいですね。
他のトレーダーさんよりも一歩先へ行くことができると思いますよ。
変な商材買うくらいならこっちに投資すべきだと思いますw

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.