エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

今週気になった仮想通貨ニュースのまとめ (4/22〜4/28)

今週気になった仮想通貨ニュースのまとめ (4/22〜4/28)

こんにちわ、ヒコエモン( hikoemon_crypto)です。
遅れましたが「今週の気になった仮想通貨ニュース」です。
すいませんが今回はニュースが少なく2つだけになります。
「ニュースのまとめ」よりもどれかひとつをピックアップして詳しく書いた方がいいのかなぁ何て思ったりしてます。
今後もやり方を変えていくかもしれませんが、まぁテキトーに見てください。

それでは今週の気になった仮想通貨ニュースをまとめてみました。

 

今週の気になった仮想通貨ニュース

 

ツイキャスがモナコインとビットコインに対応

全世界に2000万人以上の登録ユーザーがいるライブ配信サービス「ツイキャス」がモナコインとビットコインに対応しました。

主に以下の機能が対応したようです。
・ウォレット機能
・送金機能
・ツイキャスポイントの購入

 

ヒコエモン

ツイキャスはユーチューバーやブロガーなど若い世代を中心に人気のあるサービスなどで、今後モナコインなどは慣れ親しんでくるかもしれませんね。

 

ERC20トークンに「BatchOverFlow」と呼ばれる脆弱性が見つかる

ERC20トークンに「BatchOverFlow」と呼ばれる脆弱性が見つかりました。
この脆弱性は、ERC20ベースのスマートコントラクトを搭載した通貨でコスト0で無限にトークンを発行できてしまうという致命的な問題を抱えています。

直接影響を受けているとされる仮想通貨は、以下9つのトークンです。
1. BeautyChain (BEC)
2. ugChain (UGC)
3. SMART
4. MTC
5. FirstCoin (FRST)
6. GG Token
7. CNY Token
8. MESH
9. SMT tokens

この問題により、複数の仮想通貨取引所が「ERC20トークン」の入出金停止をして対応を余儀なくされており、各取引所でもアナウンスをしています。

 

ヒコエモン

今回の脆弱性について、「イーサリアムが史上最大の問題」などと色々と誤解が広がっているようです。
問題なのはトークンコントラクトに”独自で実装”されたbatchTransferと呼ばれる関数の脆弱性なのでほんの一部に過ぎません。
ERC20に準拠したトークンすべてが問題ではなく、イーサリアム全体で見ても限定的な問題のようです。

ただしこういうのが一度見つかると連鎖してさらに別のバグが見つかるなんてこともよくあるので、注意深く情報をキャッチしておくことが重要だと思います。

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.