エクスペリメンタル仮想通貨

ビットコインFXのテクニカル分析、ブロックチェーンゲームの遊び方や導入方法など、仮想通貨全般のことを初心者に向けて分かりやすく解説しています。

【緊急相場予測】セリング・クライマックスの日は近い?

【緊急相場予測】セリング・クライマックスの日は近い?

こんにちわ、ヒコエモン( hikoemon_crypto)です。
仮想通貨はそろそろ上昇へ向かうと言われていますが、なかなかそのような兆しは見せないなかで、現在は皆さんが意識されている大きな三角持ち合いの最終局面を迎えており、上への大ブレイクが期待されています。

しかし本当にそんな簡単に上へブレイクを果たすのでしょうか?
そしてここ最近あったバッドニュースの意図は?

このあたりを含めて再検証していこうと思います。

 

相場予測

 

巨大な三角持ち合いを形成

まず、多くの皆さんが意識されているであろうラインが次のチャートになります。

巨大な三角持ち合いとなっていますね。
そして多くの人たちはここを上へブレイクすると予測していると思います。

たしかに三角持ち合いを形成しており、上へ抜ける可能性も十分にあると思います。
しかし、そんな簡単にうまくいくでしょうか?
もしかするとその考えはちょっと安易すぎるかもしれません。

 

意図的に流されたニュース?

ここ最近モナコインVergeビットコインゴールドなどが攻撃を受けたり、その他でも悪いニュースがガンガンと流れてきています。
とくにProof of Work(モナコインなど)への攻撃などはいつでもできたはずなのに、なぜこのタイミングなのか?

ここからは完全な妄想ですが、これらのニュースがもし意図的に流されていたらどうでしょうか。
例えば巨大な組織がビットコインを購入するとき、もっと安く購入したいと思うはずです。

ではどうすればビットコインをもっと安くできるか?

それは悪いニュースを流せばいいんです。
そうするとビットコイン保有者は不安売りを始め相場は下落していきます。
巨大な組織からすれば悪いニュースを流し相場を意図的に操作するとは容易いことです。
それはゴールドマン・サックス、ロスチャイルド、ロックフェラーなど歴史が物語っています。

ではそんな彼らにとって、どの辺りがお手ごろ価格と言えるのでしょうか?
ようするに今後相場はどこまで下がるのかですね。

 

セリング・クライマックスが起こる日は近いのか

冒頭にみなさんが意識されていると思われる三角持ち合いのラインを引きました。
ようするに、多くの人たちがこのラインを下へは抜けないと自信を持っているわけです。
そのようなことから、損切りラインはその下辺りで設定しているでしょう。

多くの人たちが意識しているラインなので、きっと大量の損切りが仕込まれているはずです。
そんなことはなんとなく誰でも予想はできます。

では大口はそれを見過ごすでしょうか?

おそらく大口は巨大な売り圧を仕掛けてくる可能性があると思います。
もしかすると致命的な悪いニュースを流してくるかもしれません。
そして三角持ち合いを下へ抜けさせて大量に仕掛けてあった損切りを起動させるでしょう。
さらにそこから大量の失望売りが起き、地獄のロスカット連鎖が起きる可能性があります。

ようするにこれがセリング・クライマックスとなるわけです。

 セリング・クライマックスとは

セリング・クライマックスとは、株価が下落しているときに経済や政治などの予期せぬ悪材料などをきっかけに、投資家が悲観的になったりパニックを起こし、一斉に売ることで起こる大暴落のことです。
一斉に売り込まれた後は需給が好転し、その後は上昇に転じることも多い。

ではどこまで落ちるのか?
もう一つの隠れた三角持ち合いを引いてみました。

黒の点線は最初のラインで、青色の線が新しく引いた三角持ち合いのラインです。
三角持ち合いとしてはこちらの方が綺麗と言えます。

もしかするとセリング・クライマックスは青のラインまで落ちてきて、そこから一気に急騰していく可能性もあると思います。

 

まとめ

 

今回の予測は何か強い根拠があるわけでもないので、頭の片隅に入れて置くぐらいでよいと思います。
しかし情報操作というのは実際に行われているのは事実で(仮想通貨は分かりませんが)、例えばITバブルの時にチャートを意図的に作られていたことは有名な話でもあります。

結局僕たちのような弱小投資家たちは、そのような相場に振り落とされないようすることしかできないので、様々なケースを想定するのは大切だと思いこのような記事を書きました。

 

ヒコエモン

いま金融の歴史を調べていますが、まぁ悪い大人たちが多いですw
記事にしようと思っていましたが、もうブログなどでは書けないです。
この世界はほんの数人の悪い大人たちによって操作されているとも言えます。
そんな悪い大人たちがこんなに美味しい仮想通貨市場を放っておくわけがないですよね。

©Copyright2018 エクスペリメンタル仮想通貨〜.All Rights Reserved.